【映画】仮面病棟は面白い?つまらない?評価と感想まとめ

仮面病棟

人気作家である知念実希人の人気ミステリー小説「仮面病棟」。

累計発行部数が100万部を突破するミステリー作家の作品が、坂口健太郎と永野芽衣で映画化されました。

監督は、疾走感溢れる作品を撮ることでも知られる木村ひさし監督です。
2020年3月6日に公開されたこの映画、原作「仮面病棟」は人気ミステリー作家ながら現役医師でもある知念実希人の病棟シリーズのうちのひとつです。

 

簡単な作品紹介

ここでは、「仮面病棟」をご紹介していきます。

あらすじ

3ヶ月前、事故で恋人を失くした外科医の速水秀悟(坂口健太郎)は、総合病院に勤務している5年目の見習い外科医です。
速水はある日、恋人の兄でもあり先輩医師でもある小堺(大谷亮平)から、1日だけ当直のアルバイトを交代してくれないかと頼まれます。

当直のアルバイトを頼まれたのは、「田所病院」という療養型病院で入院患者の多くは認知症患者で、その他の患者は意識不明であったり意識不明といったもので、身元不明の患者に関しては、病室の入り口に【新宿11】などといったような不思議な名札がありました。

看護師の東野から色々と説明を聞いたりした後に当直室へ行き、いつものようにテレビを見ていた速水でしたが、間もなくして看護師から内線で呼び戻されると、テレビも消さずに急いで1階へ降りた速水の前に現れたのは、なんとも不気味なピエロのマスクを被った男でした。

「あんた医者か?ならこいつを治療しろ。」

待合室の椅子の上には、女子大生くらいの女の子・瞳(永野芽衣)が腹部から血を流した状態で倒れてこんでいました。
苦痛な表情を浮かべている女の子を見た速水が腹部の出血に驚いていると、ピエロ男が銃口を押し付けながら「俺が撃ったからだよ。」と笑いながら言うと、田所病院に立てこもりました。
その時、田所病院にいた速水、田所院長、看護師の東野、同じく看護師の佐々木、そして65名の入院患者が人質となることに。

速水は、負傷した瞳と一緒に病院からの脱出を試みるものの、警察へ通報しようとしない院長、その院長と一緒に何かを隠している様子の看護師たち。

ピエロ男の目的は?正体は?謎が多いこの立てこもり事件から速水や瞳は無事に病院から逃げることが出来るのか・・・

キャスト

・速水秀悟(坂口健太郎)
5年目の見習い外科医

・川崎瞳(永野芽衣)
女子大生でコンビニ強盗に撃たれ負傷した美少女

・東野良子(江口のり子)
田所病院の看護師

・佐々木香(内田理央)
田所病院の看護師

・小堺司(大谷亮平)
速水の先輩医師、泌尿器科。速水に田所病院のバイトを紹介した人物

・金本(鈴木亮平)
速水に事情聴取をした刑事

・田所院長(高嶋政伸)
田所病院の院長。政治家と癒着し違法に臓器移植手術を行っている

その他のキャスト

朝倉あき、丸山智己、笠松将、永井大、佐野岳、藤本泉、小野武彦

 

実際に「仮面病棟」を見た感想

映画「仮面病棟」は、原作もそうですが映画でも謎解きに重点を置いて作られている映画だなと感じました。

ミステリー作品だと、割と途中で犯人が分かってしまうことも少なくありませんが、仮面病棟は、伏線が至るところに散りばめられているためラストを見るまで誰が犯人なのかが分からない、映画に引き込まれながら見ることが出来ました。

 

映画「仮面病院」は『脱出系ミステリー』に振り分けられているのと、実際にこの映画のテレビCMや予告編を見ても「この病院から脱出することが出来るのか!?」といった部分にスポットを当てられてはいるものの、映画自体は、病院から脱出することに関しては、そこまで重点を置いていません。

あくまでも「誰が犯人なのか」という部分に重点を置いて作られていて、それでいて疾走感のある映画なので、途中で「こういう流れになっていくのかな?」と展開をイメージしつつ、しっかり裏切ってくれましたし、複雑な謎解きがないので、大ヒットミステリー小説を映画化した作品ながらも見やすい映画だと思います。

 

正直なところ、どの作品を見ても「なんかここ、矛盾してない?」と細かい部分が毎回気になってしまう人には、矛盾を感じてしまう部分があります。
ですが、細かい部分に気を取られずに見られる人であれば、十分に楽しめます。

 

個人的に、映画で「川崎瞳」を演じた永野芽衣さんといえば映画「俺物語!!」で大和凛子ちゃんの役を演じて女の子を中心に人気を呼び、朝の連続テレビ小説「半分、青い」で国民的女優となった清純派女優さんとして有名です。

主役の速水を演じる坂口健太郎さんとも「俺物語!!」で共演しているほか、速水に事情聴取をした鈴木亮平さんに関しては「俺物語!!」の主人公の猛男を演じていることから、久しぶりの共演を楽しんだのではないでしょうか。

 

個人的に、永野芽衣さんがとても好きなので、仮面病棟で施されているメイクも髪色も普段と真逆ながらとても新鮮でよかったです。

映画「仮面病棟」は面白い?つまらない?

映画「仮面病棟」のレビューを読んでいると、高評価が多く、評価が低くても星3つ半といった印象でした。

中には「設定に無理がある」といった感想を述べてはいるものの「内容がしっかり出来ていて楽しめた」と言う人もおり、平均的な評価は星3.6といったところでしょうか。

面白い

面白いといった高評価をつけた人たちの感想をザックリですがいくつかピックアップしてみると、

・「スリルがあってなかなか面白かった。」
・「思ってた以上に面白かったし終盤で裏切られたりかなり楽しめた。」
・「闇と謎が見え隠れしていて集中して見れた。」
・「高嶋政伸さん、いつからこんな役が似合うようになったのか!」
・「坂口健太郎、かっこよかった・・・」
・「ピースがハマっていく感じがサスペンス感があり良かった。」
・「永野芽衣ちゃん可愛い。」
・「先が読める作品のようで終盤でゾクゾクさせられた。」

など、ストーリーがよく出来ているといった評価が多く目に留まりました。
キャストの坂口健太郎さんがかっこいい、永野芽衣ちゃん可愛いといった評価は、映画を見た人なら頷けます。

つまらない

一方で、あまり良い評価をつけなかった人たちの感想もザックリとピックアップしてみると、

・「予告編の期待を超えるほどの映画ではなかった。」
・「序盤に明らかな違和感を感じる」
・「序盤からおかしいと思うシーンがいくつかある。」
・「ラスト15分の残念感が否めない。」
・「ラストの種明かしが長いのでダラダラした印象になった。」

など、こうして見てみると、残念さを感じてはいるものの、それだけこの映画に期待を寄せていたのが伺えますし、ここが残念だったなーと言いつつも「見ごたえのある映画だった」と締めくくっている人もいたので、全体的に総合すると『面白い映画』と言えます。

Twitterでの映画「仮面病棟」の反応は?

2020年3月5日から公開された映画「仮面病棟」を見た人たちのTwitterでの反応を見てみました。

やはり、どの人も「面白かった!」と満足気な様子でした。
中にはやはり、映画の矛盾点が気になってしまった人もいるようですが、ストーリーがしっかりと組み立てられていて、犯人が想像出来そうで実は出来ていなかったラストでの良い意味での裏切りを、ぜひ映画館で体験してもらいたいです。

後はやはり、色んな人が言っていますが、坂口健太郎さんがかっこよかったですし、永野芽衣さんもとても可愛かったです!

まとめ

今回は、映画「仮面病棟」をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
人気の俳優さんが出演している作品なので話題になっていますが、原作のミステリー小説「仮面病棟」も累計発行部数85万部を超えている人気の作品の映画化とあって、原作者の知念実希人さんのファンも楽しみにしていた映画です。

仮面病棟は面白いのか?つまらないのか?と、見るのを迷っている人もいると思いますが、疾走感が溢れる映画で自分の予想をしっかり裏切ってくれる作品なので、ぜひご覧になられてみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました