星屑の町のロケ地(場所)はどこ? 久慈市でメイン撮影

星屑の町

星屑の町の撮影は主に岩手県の久慈市で行われました。

久慈市の様々な場所で撮影が行われたようです。

今回は、星屑の町がどんなところで撮影が行われたのかについてご紹介させて頂きます。

 

ロケ地は岩手県の久慈市がメイン

星屑の町の撮影は、主に岩手県の久慈市で行われました。

映画の設定が、東北地方の田舎町となっているのでぴったりの場所だと言えると思います。

久慈市は、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のロケ地としても使われた事もあり、同作品に出演していたのんにとっては、思い出深い場所なのではないでしょうか。

久慈市では、「あまちゃん」効果は放送終了後から数年経った今でも続いています。

のんの出演が決まった事はもちろんですが、映画のロケ地としてのPR効果を知っているからこそ、撮影への協力体制が整っていて撮影がスムーズに行えたのではないでしょうか。

久慈市には、手付かずの自然がたくさん残っていて、そこで生活している人の生活感もイメージにぴったりだったようです。

久慈市住民100名程がエキストラとして参加しているそうですよ。

 

ムード歌謡を歌っている「新世紀」

ムード歌謡を歌う撮影に使用された「新世紀」は、東京台東区の鶯谷にあるダンスホールです。

とても有名な周防正行監督作品の「Shall We ダンス?」の舞台モデルとして知られています。

綺麗に磨き上げられた床、天井のライトの反射の中、「ムード歌謡ショー」と書かれた看板を背にダンスフロアでの撮影が行われました。

撮影には、新世紀の常連ダンサー達も参加し、華麗なステップを披露しました。

のん演じる愛の、夢そのものであるシーンにのんは役になりきり愛としての一歩を踏み出していきました。

 

のんさんのコメントは?

星屑の町の映画の主演が決まった事は、もちろんとても嬉しかったようです。

しかし、原作の舞台を25年ともに続けてこられた他のキャストさんの中に入って行くことにとても緊張したようですよ。

劇中で愛を演じる際には、愛の感情豊かな部分を思い切り演じるように心掛けたのだそうです。

久慈市がロケ地になった事に関しては、海は以前の撮影で知っていましたが、山は初めてだったようで、地元の知らない土地を散策するような気分で楽しめたようです。

また、久慈市の地元の方が料理を振る舞ってくれたエピーソードもあったようですね。

「星屑の町」の、のんさん出演シーンでのお気に入りシーンは歌のシーンだそうです。

この映画の中で、1番頑張った部分な事と、映画を見て下さったみなさんの評価がとっても気になるところなんだとか。

また、注目して欲しい点は、可愛い衣装を着ている所と古き良き昭和の歌謡曲がたくさん登場する事なのだそうです。

特に「シャボン玉」という歌は舞台でも歌われていないこの映画のオリジナル曲で気に入っているのだそうですよ。

 

みんなの感想は

星屑の町を見たみなさんは、どのようなことを感じたのでしょうか。

いくつか紹介していきたいと思います。

 

笑える、感動出来る映画

 

のん演じる愛がはまり役

 

のんの豊かな表情と歌声に魅了

 

ベテラン陣の演技が輝く作品

 

心が豊かになる映画

 

映画を見たみなさんからはとても好評のようですね。

ストーリーは、笑えるシーンも感動出来るシーンもあり、何回も観る人が続出する程です。

観客を飽きさせない作品に仕上がっているのですね。

また、ベテランキャスト陣の熟練された演技が輝きを放っているようです。

のんの、昭和歌謡曲を歌う歌声、妖艶で色気のある雰囲気も作品に華を添えています。

家族や友達、誰と観るにもぴったりな作品だと思います。

 

まとめ

長年舞台で愛された「星屑の町」は、岩手県の久慈市で撮影されました。

舞台で磨かれた、キャストのチームワークと久慈市のストーリーに合った自然の残る風景はとてもマッチしています。

ヒロインの愛を演じたのんにとって、思い出深い久慈市で、実力派の俳優陣と作品作りが出来た事は、とても良い経験になったのではないでしょうか。のんにとって久しぶりの実写映画作品になりましたが、映画を見た観客からもとても好評でした。これから益々のんは、成長していって大女優になる日も近いのではないでしょうか。

様々な作品で活躍が見られる事がとても楽しみですね。

 

タイトルとURLをコピーしました