【思い出のマーニー】マーニーの正体は誰?おばあちゃんの幽霊?

思い出のマーニー

 

アニメーション映画「思い出のマーニー」をご存じですか。

この映画はイギリスの作家であるジョーン・G・ロビンソンによる児童文学作品を原作として、2014年にスタジオジブリで作られた作品で、米林昌弘が監督を務められました。

原作とは舞台を変え、現代社会を背景とし、主人公の少女・杏奈(あんな)と謎の少女・マーニーとの交流を描いた長編アニメーションです。

杏奈が出会った謎の少女・マーニー。

彼女の正体について調べてみました。

 

思い出のマーニーのあらすじ

主人公の杏奈は幼い頃に両親と祖母を亡くし、札幌で養父母に育てられました。

彼女は養母・頼子の優しさをうっとうしく感じるようになり、頼子を「おばちゃん」と呼ぶようになります。

元々身体も弱く、他人に心を開くことが苦手だった杏奈は、どんどん内向的になっていきます。

さらには喘息を患い、療養のため海辺の田舎町に暮らす頼子の親戚・大岩夫妻の所に夏休みの間、世話になることに。

頼子に手紙を出そうと出かけた先で、杏奈は何故か懐かしさを感じる屋敷を発見しました。そこは元々外国人の家族が住んでいた屋敷で、今は誰も住んでいないようです。

でも杏奈はその屋敷に金髪の少女が住んでいる夢を何度も見ます。

その屋敷は地元では「湿っ地屋敷(しめっちやしき)」と呼ばれていました。

数日後、気分転換にと、地元の七夕祭りに出かけた杏奈は、1学年上の信子と言い争いになり、結果、自分が信子やその友達に言ってしまった言葉に自己嫌悪に陥り、その場を逃げ出します。

屋敷のそばまで来ると、杏奈は好奇心をおさえられず、ひとりボートを漕いで屋敷に近づきます。

すると、夢に出て来た金髪の少女・マーニーが待っていました。彼女は杏奈に「友達になろう」と言うのです。

誰も住んでいないはずの屋敷にいた少女・マーニーは一体誰なのでしょうか。

思い出のマーニー キャスト(声の出演)

・佐々木杏奈(高月沙良)

北海道札幌市在住。中学1年生。絵を描くのが得意。青みがかった黒い瞳を持つ。ショートカットが特徴。

両親や祖母の葬儀で「自分はいらない子」だと思い込み心を閉ざす。養母の頼子と「給付金」の事で壁ができ喘息になってしまう繊細な少女。

・マーニー(有村架純)

誰も住んでいないはずの「湿っ地屋敷(しめっちやしき)」に住む金髪で青い目の少女。屋敷の中で孤立、女中にもいじめられていた。成長してからは、夫にも先立たれてしまう。なぜか出会った時から杏奈の事を知っている。

・佐々木頼子(松嶋菜々子)

祖母の死後、身寄りのない杏奈を引き取り育てている養母。少し心配症。

札幌で夫とマンション住まい。

自治体からの給付金のことを、罪悪感と愛情から杏奈に秘密にしていた事から壁が出来てしまった。

・山下医師(大泉洋)

杏奈の主治医。杏奈を療養に行かせることを薦めた。

・大岩夫妻(寺島進・根岸季衣)

妻のセツが頼子の親戚。夫の清正は気のいい木工職人。夫婦仲は良好。

・信子(頼経明子)

地元の少女13歳。ぽっちゃりした体形。学級委員をしている、しっかりもの。

・久子(黒木瞳)

「湿っ地屋敷(しめっちやしき)」を題材に、よく絵を描いている老婦人。

実はマーニーの事を知っていて、マーニーの人生を杏奈と彩香に話してくれる。

マーニーの正体はだれ?おばあちゃんの幽霊?

杏奈は最初、マーニーは自分の想像が作り出したものと思っていました。

しかし、屋敷の改装後に、東京から引っ越してくる予定のメガネをかけた少女・彩香(さやか)に渡された「マーニーの日記」を見て驚きます。

マーニーが現実にいて、この日記を過去に書いていたのですから。

そして、後半、彩香が日記と一緒に発見したと見せてくれた「日記の切れ端」に書かれていた「Hisako」の名前。

マーニーの事を知っていて、杏奈も何度か会っていた絵描きの女性・久子に話を聞くことになります。

その話で、マーニーも杏奈と同じ、孤独な少女だったことを知ります。

マーニーの両親は優しい上品な人ですが、娘には興味がなく、いつも世話をしてくれていた、ばあやとねえやにマーニーは虐められていたのです。

彼女が唯一心を通わせていたのが、後に夫となる幼馴染の和彦でした。

結婚後、彼と札幌で暮らしはじめたマーニー。しかし夫の和彦は間もなく病死、彼との間に生まれた子供・絵美里。

母のマーニーは夫が亡くなってしまった事で体調を崩し、仕方なく絵美里を全寮制の学校に入れました。絵美里は母親のマーニーが、自分を一人ぼっちにした(と思い込み)母を恨んでいました。

そして、成長すると家を飛び出して結婚、子供を産みます。それが杏奈でした。

杏奈が事故で失った両親は、マーニーの娘の絵美里とその夫。マーニーは杏奈の祖母だったのです。

杏奈の目は、少しだけ青みがかっています。それは彼女が「クォーター」だから。

母も父も黒い瞳、でも祖母が青い瞳を持っていて、それを杏奈が引き継いだのです。

マーニーが病死したのは杏奈が幼い頃。

杏奈にはかすかな記憶があったのでしょう。

マーニーは、きっと杏奈に昔の写真を見せてくれて、あの屋敷の話もしていたのでしょうね。

事故死してしまった杏奈の両親の代わりに一生懸命に杏奈を育てようとしましたが、病気で死んでしまった祖母・マーニー。

杏奈を「ひとりぼっち」にすることが、自分がかつて味わった孤独を生み出すと知っていながら、ひとり残さざるをえなかった心残り。

それがきっと「幽霊」とまではいかないものの、なんらか「思念」となっていたのかもしれません。

2人の少女の「同じ気持ちを共有し、一人じゃないことを確かめたい」という思いが通じ合ったのではないでしょうかね。

 

もうひとつ、こんな考え方はどうでしょうか。

杏奈は自分でも何度か「自己嫌悪」に陥っています。養母・頼子と、信子に対してです。

養母が自分を愛してくれているのもわかっていながら、わざと「養育費」の件で悶々としてみたり、また信子に「太っている」ということを言ったり。

孤独であればこそ、何度も「許される」事で自分の居場所を確認しているのではないでしょうか。

わかっていながらも、つい、不安で人を傷つけてしまう。そんな思春期の多感な、そして「普通ではない」繊細すぎる杏奈の心。

自分の中で「もっと成長したい」と思ったからこそ、自己治癒の助けとして、かすかな記憶の中のマーニーを呼び出していたのかもしれないです。

まとめ

ジブリ映画には「謎」が多く、観客に想像させる余地を作っている作品が沢山あります。

考察好きなファンの人には、たまらない部分でもあります。

「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」もそうです。どちらも実は「水辺」がありました。

川や海、湖などの「水場」は日本でもかつてから「不思議な事が起こる」場所という印象があります。

日本は幸せな事に、水が豊富ということもあってか、カラカラに乾燥している場所よりも、少し水が多めにある方が何故か「霊的」なイメージとシンクロしやすい気がします。

「水に流す」という言葉があらわすように「水が神聖なもの」とも思われている事が多いです。

こういったことから、杏奈の思念とマーニーの思念がシンクロしやすい場所、過去と現代が混ざり合う不思議な場所として「湿っ地屋敷(しめっちやしき)」が出会いの場所とされたのではないのでしょうか。

ある意味、日本独特の文化とも言えるのかもしれません。

また、別の考え方からすると、身体が弱く、自分が愛されているという確固たる自信がない杏奈。

誰にも気持ちを打ち明けることができない多感な少女が、何度も自己嫌悪に陥りながらも、自ら「今の自分を変えたい」と考えた結果が、自分の分身のようなマーニーを作り出した。

友達がいなかったからこそ、自分の身の上を打ち明け合い、認め合い、今の自分だって存在してもいいんだ、孤独を感じても良いのだ、と自己肯定できるようになるために必要なステップを、マーニーという形を借り、自分から作り出したのではないでしょうか。

自分が愛されていたことを確認したかった杏奈が、なんとか手探りで見つけた突破口が「マーニーという女の子」だったのかもしれません。

一緒に泣いたり、怒ったり、そして「嫌いだけど、好き」って言えるような、そんな親友のような存在のマーニー。

12歳の杏奈が、ちょっぴり大人になるために、きっと必要だったのでしょうね。

 

タイトルとURLをコピーしました