ヲタクに恋は難しい 原作漫画やあらすじ・出演キャストについて!

ヲタクに恋は難しい

 

現在、映画化が決定され上映中の「ヲタクに恋は難しい」という作品について面白そうだけどどのような映画なのか気になったことはありませんか?

予告のCMを見ているととてもコミカルで笑える要素があり面白そうな映画だということがわかりますよね。

そこで今回は、映画を楽しく見ることが出来るようにヲタクに恋は難しいの「原作漫画のあらすじ」や「出演しているキャスト」「映画と原作の違い」についてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

あらすじと出演キャスト

あらすじ

主人公である桃瀬成海が職場を転職し、新しい職場で幼馴染である二藤宏嵩と再会をしてしまうことから物語が始まります。

そんな成海はヲタクであることを普段隠しながら生きていました。

元カレと付き合っていた時も同じようにヲタクだということを秘密にしていた過去があります。

そんな彼女に宏嵩から「ヲタク同士で付き合ったらどうなるか」と話があり、ここから2人の恋はどのようになるのか…というお話になります。

 

主演キャスト

 

・桃瀬 成海 役 (高畑 充希)

・二藤 宏嵩 役 (山崎 賢人)

・小柳 花子 役 (菜々緒)

・樺倉 太郎 役 (斎藤 工)

・坂元 真司 役 (賀来 賢人)

・バーのマスター 役 (ムロツヨシ)

・石山 邦雄 役 (佐藤 二郎)

・森田 悠季 役 (今田 美桜)

・未来 役 (若月佑美)

・内田 真礼 (内田 真礼)

 

原作のストーリーは?

原作の簡単まとめ

ヲタクに恋は難しいは、pixivから誕生した漫画になります。

なんとあまりの人気ぶりにpixivのオリジナル漫画の中で歴代1位のブックマークが付けられました。

さらには、「本として販売して欲しい漫画1位」にも輝いている現在でもとても人気な作品となっています。

 

原作と映画のキャストの比較

原作・映画共に出演

・桃瀬 成海 役 (高畑 充希)

この映画の主人公となります。

おっとりとしていて、男性にも人気で絵にかいたような女性なのですが…中身がヲタク、さらに腐女子となっています。

BL漫画やコスプレなどが好きでコミケにも参加するほどの根っからのヲタクです。

そんな彼女、ヲタクだということが元カレにばれてしまいます。

そしてさらに転職先で幼馴染である宏嵩に再び出会うことになります。

宏嵩にはヲタクだということをさらけ出していて一緒にゲームや買い物などを楽しんでいます。

 

彼とお付き合いまで発展しますが、趣味には勝てずどのようにお付き合いしたらいいのか悩み、葛藤しながら趣味を楽しんでいる主人公です。

 

・二藤 宏嵩 役 (山崎 賢人)

成海の幼馴染となります。

後に、成海の転職先の同僚になります。

比較的無口な男性で長身イケメンですが、この人も根っからのヲタク。

成海とは対照的でオープンなヲタクです。

 

趣味はゲームでずっとゲームをやり続けるほどの熱中ぶりを発揮しています。

イメージ通り恋愛面に関してはヲタクではなさそうです…。

一見絡みにくい男性と思われますが、ネットの世界では意外と社交的なタイプのようです。現在、成海に片思い中!

 

・小柳 花子 役 (菜々緒)

成海の同僚となります。

まさに長身美人でスタイルも完璧な人です。

見た目によらず中身はヲタク。

趣味はコスプレで特に男装を中心として活動し有名になっています。

 

現在は、自分の上司にあたる樺倉と高校からお付き合い中。

ケンカが絶えないカップルのようですが何だかんだで仲良しカップルです。

普段は気が強いのですが、お酒を飲みすぎてしまうと可愛い一面も見られたりギャップのある女性です。

 

・樺倉 太郎 役 (斎藤 工)

成海たちの上司にあたる人です。

花子とは高校時代から付き合っています。

ケンカが絶えないカップルなのですがペアのアクセサリーなど身に着けちゃうほど彼女が好きな一面もありとてもギャップのある人です。

何としても顔が怖いため、周りから怖がられてしまうことが多いのですが、性格は決して怖いわけではなく非常に優しい人です。

 

この人もアニメとゲームヲタクで、登場人物の中で一番インパクトが少ない普通のヲタクとして生活しています。

 

原作のみ出演

・二藤 尚哉

宏嵩の弟。

表情がコロコロと変わります。

元気で明るく人懐っこい性格です。

ヲタクではなく、ゲームがとても弱いという一面も。

 

・桜城 光

尚哉と同じ高校の女性。

あまりコミュニケーションをとることが苦手な性格。

見た目が男っぽいためよく見間違われてしまうことが…。

しかしゲームはとても強いです。

 

映画のみ出演のオリジナルキャラクター

・坂元 真司 役 (賀来 賢人)

アイドルヲタク。

宏嵩の友人として出演しています。

アイドルを見ている時の行動がTHEヲタクすぎて笑いが止まらなくなる強烈なキャラクターです。

 

・バーのマスター 役 (ムロツヨシ)

花子がよく通っているバーのマスターとして登場しています。

ちょい役ではありますが、クスッと笑えるネタを提供してくれます。

 

・石山 邦雄 役 (佐藤 二郎)

宏嵩の上司。

もう福田監督作品のレギュラーとなる二郎さんが演じればどんな状況でも笑いに変えてくれます。

 

・森田 悠季 役 (今田 美桜)

成海の同僚で「ヲタクって何?」というほどヲタクの世界を全く分かってない人です。

非常に現実的な女性で宏嵩に片思い中。

 

・未来 役 (若月佑美)

成海のヲタク友達。

コミケが大好きでコミケのためなら手段を択ばず買い物をします。

 

・内田 真礼 (内田 真礼)

アイドル活動をしている女性。

この映画唯一の本人役での出演となります。

 

 

まとめ

今回は、ヲタクに恋は難しいの「原作漫画のあらすじ」や「出演しているキャスト」「映画と原作の違い」についてご紹介してきました。

「ヲタク」というと何だか近寄りがたいイメージを持たれる方もいるのではないでしょうか?

しかし、この映画の登場人物一人一人がとても個性的ではありますが、見た目と中身のギャップにやられてしまうため、映画を観て頂ければそのイメージもなくなってしまうこと間違いなしの作品です。

完全にお笑い要素満載な作品となっているため皆さんに見て頂きたいです。

 

タイトルとURLをコピーしました